ガチでウデマエを上げたい人におすすめしたい5つのコツ

スプラ2ホタルちゃんスプラ2のガチマッチ
スポンサーリンク

こんにちは、じぃーぽです。

ウデマエってホント上がらないときは上がらない。そういう状態になるとラグだよとか相手はせこいとか言ってしまい、スプラトゥーン2をやめたくなってしまいますよね。

そうなってほしくないので、今回紹介するコツを抑えてぜひ、ウデマエを上げてほしいと思います。

スポンサーリンク

1.ストーリーモードってクリアしましたか?

ストーリーモードがあるのは、イカちゃんの操作に慣れてもらうためです。操作に慣れておかないと倒されない場面で倒されたり、倒したい時に倒せなかったりします。さらに、ステージに設置してある水に落ちてしまったりすることもあります。

ストーリーモードのホタルちゃん

後、ストーリーモードはカメラ操作にも有効です。色んな所から敵が攻めてきますので、ジャイロでの照準の合わせ方や右スティックの動かし場面など十分に学べる要素がたくさんあります。

ストーリーモードをクリアして、イカちゃんの操作に慣れてからガチマッチ潜ってみてください。かなり違った世界になると思います。

2.ブキを一つに絞り研究する

なるべくなら強いと言われているブキでやってほしいんですが、とりあえず何でもいいのでブキを一つに絞ってください。

N-ZAP85を購入

理由としては、スプラトゥーンが死にゲーだからです。死んで死なない方法を学んでいきます。この場面ではよく倒されるなとか、この行動すると倒されるなぁとかを経験していくのです。ブキをコロコロ変えると、経験値が付きませんし立ち回りの学習が進みません。

ブキの研究ですが、射程を試し打ちで把握し体になじませることです。後、ステージごとにここからなら高台に打てるなとかそういうことも調べておきましょう。射程を把握することで、このブキには射程では勝てないというのがわかってきて、無理に正面から戦わないようになります。その結果、立ち回りが良くなります。

ブキを一つに絞り研究することで、そのブキの理解度が増し立ち回りがわかってくるので、ぜひやってみましょう。

3.ガチマッチのルールの把握

試合に勝つにはキルすることも重要ですが、それよりもガチマッチのルールを把握しているかどうかです。これを把握することで、上の情報をしっかりと見ることができます。

ガチマッチでの立ち回りや意識することはイカのリンクから確認してください

ガチマッチでは状況がコロコロ変わるので、それをしっかり把握することがウデマエUPの近道になります。リードしているのかされているのか、進められる状況かそうじゃないのか等を確認してしっかり判断しましょう。

4.上位プレイヤーの配信や動画を見る

一番簡単なのは、上位プレイヤーの動画や配信を見て真似てみることです。動画に関してはYoutube上でブキ検索をかければ見つかると思います。

配信に関してはオープンレックというesports専門配信サイトが有り、上位のスプラトゥーンプレイヤーはそこで配信をしています。

OPENREC.tv (オープンレック)
OPENREC.tv(オープンレックティービー)は、ゲーム実況やプレイ動画、ライブ配信が楽しめる、新しい動画コミュニティプラットフォームです。

プレイヤーの立ち回りを真似たり、話に耳を傾けて参考にしたりするとウデマエが上がってくるかもしれないです。

5.味方と合わせる

当たり前ですが、スプラトゥーンは4人で試合を行います。だれか一人でも違った動きをすると、チームの連携が崩れゲーム展開が悪くなります。

例えば、自チームが二人倒されました。人数不利です。二人が復活しました。その後、残りの二人もやられてしまいました。前線に戻りました。人数不利なので、負けてしまいます。これを永遠と繰り返してしまい、試合に負けてしまうことがあります。

なので、この場合だと、二人やられた時点で前線を下げるか、復活した二人がすぐに前線戻らずにやられた二人の復活を待つなどの対処が必要です。やられた時に熱くなってしまい、上画面の情報を確認しないのは良くないです。常に状況確認です。

さらに、スペシャルを合わせるのも効果的です。インクアーマーとジェットパックは代表的な例でしょう。インクアーマーをつけることでジェットパックの試行回数は増えますし、ジェットパックを倒そうとしている敵をインクアーマーをつけた味方は簡単に倒すことができます。

アーマーとスーパーチャクチ
アーマーとスーパーチャクチも強い。

常にチームで戦っているということを意識して試合を作っていきましょう。

6.まとめ

イカがでしたでしょうか。おそらく初心者から中級者あたりの人は参考になったのかなと思います。基本的ことも書いたし、意外なところもあったのではないかと思います。これらのコツをコツコツと意識することで、ウデマエを挙げられたらいいなと思います。

ご覧いただきありがとうございました。