デボン海洋博物館のガチホコで勝つための立ち回り

デボンのガチホコで勝てる立ち回りスプラ2のステージ
スポンサーリンク

このページでは、デボンのガチホコで勝つための動きについて解説しています。

「すぐにノックアウトされる」

「逆転負けが多くて困る」

という悩みを持つイカ達にお伝えします。

スポンサーリンク

1.デボンのガチホコに関する情報

デボンホコのマップ

デボンホコのマップ

ゴールルート

デボンホコのゴールルート

チャージャーとスピナーなど長射程ブキのポジション

デボンホコにおける長射程ブキのポジション

2.デボンでガチホコを進める立ち回り

初動

試合開始前に、ホコが割れるか判断します。

特に短射程ブキは、こちらがガチホコバリアを割れない編成の時に割りに参加すると倒されます。

そうすると一気にカウントが与えてしまうので注意しましょう。

判断としてはイカのポイントに注意します。

  • ボールドマーカーやスパッタリーがいる
  • 対物攻撃力アップ持ちがいる

これらのブキやギアを持っている敵に注意します。

逆にこちらにいた場合は積極的に参加しましょう。

ゴールルートA

デボンホコの真ん中からのゴールルート。注意点

真ん中を突っ切るルートです。

初動で割り相手が何人か落ちると一気にカウントを取ることが可能です。

注意点としては壁センプクと右高台です。

壁センプクはあえてホコを前に出すことで、出てきた所を狩ることができます。

右高台に関しては、ホコショは届きますが、短射程や中射程ブキは届かないです。

相手陣地にあるインクレールを使って右にいる敵を抑えましょう。

ゴールルートB

デボンホコのゴールルート右から。インクレールからの攻撃注意

右から行くルートです。

カウンター時によく使われます。理由はガチホコショットで相手陣地を見れるからです。

相手からすると、ここは動ける範囲が狭くホコショを打たれると前に出にくくなります。また、ホコが来てくれないと倒せないため自分たちが前に出ないといけません。

ホコショを打ちながら味方に相手陣地に突入してもらい、右を制圧してもらいましょう。

注意としては、相手陣地にあるインクレールから来る敵に対処しづらいという点。

インクレールから来る敵はガチホコショットでは対処できません。ガチホコショットは当てただけでは倒せず、着弾した後の爆風が当たることで倒せます。

インクレールを使われると当てたとしても、爆風が入らないため倒せません。

インクレールは自分たちのインクにするか誰かがインクレール付近を見ておきましょう。

ゴールルートC

デボンホコのゴールルート左からの攻め方

左から行くルートです。

相手の方が高い位置を取っているため、単独突破は難しいです。それに、坂が塗れないので倒されやすくなっています。

このルートは、相手が見ていない場合か味方が倒していける場合に使います。

攻め方としては、ホコショで相手の上がりを抑えつつ味方を上げます。

味方は、左から相手の正面をつく人とゴールから横を付く人で攻めるとうまく行きます。

3.デボンでガチホコを抑えるための立ち回り

基本

ホコを止めるために後ろを突くのはやめましょう。

理由は、味方が正面で抑えていないといけないと成功しないからです。

しかも、この状態は対面での人数が不利になっています。なので、味方が倒されやすくなっています。

倒されてしまえば、ホコを後ろから突くことになり、ホコがイカ移動でそのまま逃げて逆転につながるリスクがあります。

正面で抑えながら、スペシャルを貯めて対処しましょう。

また、ホコは自由に動くことができるので、目を離すとスルッと抜けてカウントを稼がれてしまいます。

ホコの位置と状況をしっかりと把握して、どう動くか考えていきましょう。

ゴールルートA

デボンホコの真ん中の止め方

真ん中からのルートです。

正面と左右から抑え込みましょう。

正面から見る場合は、横長の台に壁センプクして様子をうかがいます。左右の場合は高台から塗って進行を止めておきましょう。

ゴールルートB

デボンホコの左の止め方

左からのルートです。

ここは左に味方が固まってしまい、まとまって倒れやすくなります。

大きく左に回ったり、インクレールを使って抑えていくとホコを止めやすくなります。

ゴールルートC

デボンホコの右の止め方

右からのルートです。

塗って抑えておけば、スペシャルが貯まるのでホコを止めることができます。

ただ、道が狭いのでまとまりやすく共倒れが多発します。そうなると、カウントを一気に稼がれてしまいます。

右へ行く人と正面から行く人で分かれるとホコを止めやすくなります。

相手から見ると左だけ見ておけばいいと思っていた所、右を見る必要がでてくるため前線を上げにくくなります。

相手の前線を抑えたら、スペシャルを使ってホコを止めましょう。

4.まとめ

デボン海洋博物館でのガチホコに関するホコの進め方や止め方についてお伝えしました。

イカまとめです。

  • デボンのホコは、初動のホコを割れるかの判断が必要
  • 進めるルートは、真ん中がオススメ。カウンターの場合は右が進みやすい。
  • 止め方は、多方面から抑えることとインクレールを使うこと。
  • 注意点は、後ろをつかないのとホコを常に見ておく。

以上となります。

デボンホコではノックアウトが多いです。

しかし、場面ごとに落ち着いて自分がすべきことを考えておけば、冷静に対処することが可能です。

そのため、ホコを常に見ながら動きましょう。

ご覧いただきありがとうございました。