マンタマリア号のガチヤグラで勝てる立ち回りを解説

マンタマリアのガチヤグラで勝てる立ち回りスプラ2のステージ
スポンサーリンク

このページでは、マンタマリアでヤグラを進める時と止める時の立ち回りについて解説しています。

「マンタのヤグラでうまく止められない」

「第二カンモンから進められない」

などの悩みを持つイカ達にお伝えします。

スポンサーリンク

1.マンタマリアのガチヤグラに関する情報

カンモンとゴールの位置

マンタヤグラのカンモンとゴールの位置

カンモンの耐久値

カンモン耐久値
第一10
第二10
第三8

チャージャーやスピナーなどの長射程のポジション

マンタヤグラのチャージャーとスピナーなど長射程ブキのポジション

2.マンタマリアでヤグラを進める立ち回り

第一カンモン

マンタヤグラの第一カンモンのポイント

相手の中央高台を取りに行きます。

ここを取ることができれば、地上にいる敵を見ることができるので、敵はヤグラを触ることができません。

取り方としては、金網から通るか右から上がっていくかになりますが、両方から行くとどちらかは生き残って中央の高台を取ることができます。

金網から行く場合の注意点は、下から攻撃されるということです。上から塗って相手を下げることができれば、安全に金網を渡れます。

また、左に関してはヤグラに触れないように追い込みましょう。もし、ヤグラに乗っていて人数有利であれば、降りて左の制圧に参加するようにしましょう。

より安全にカンモン突破することができます。

第二カンモン

マンタヤグラの第二カンモンのポイント

相手陣地の左広場を抑えておきましょう。

ここであれば、カンモンに対する攻撃を見ることができます。オブジェクトを利用することで、スロープからの上がりも見ることができます。

また、右から来る敵に対しては中央高台の塗れない所から見えるので、相手が来たら狩りましょう。

第三カンモン

マンタヤグラの第三カンモンのポイント

第二カンモン突破した際、相手のスロープを制圧していれば問題なく突破できます。

また、このスロープから金網に移動でき、そこから相手のスタート地点に攻撃ができます。ゴールへ押し込む時に効果的なので利用しましょう。

後は右から来る敵に気をつけておけば大丈夫です。

3.マンタでヤグラを止める際の立ち回り

第一カンモン

マンタヤグラの第一カンモンで止めるポイント

自分たちの中央高台を取らせないようにします。ここを守らないと、ヤグラに攻撃が通りません。

敵は中央高台の左からや金網から来ます。

左からくる敵に関しては、坂にボムを置いておきます。こうすると相手がしたい動きを抑えることができます。

中央高台から見て相手が来ていないなら、左を中心に塗って相手を下げましょう。

もし、中央高台が取られているなら、右高台から攻めていきましょう。

中央高台はヤグラのルートに関与し続けていて、常にヤグラにいる人と合わせて2人以上で攻撃することが可能です。

なので、右は手薄になりやすく、少し人数をかければ人数有利を作ることが可能です。

中央高台を取られたら、右からヤグラを止めましょう。

第二カンモン

マンタヤグラの第二カンモンの止め方

カンモン正面から抑えようとすると、ローラーやバケツなどにやられてしまいます。

無理にスロープから上がらず、壁を使って左から攻撃するようにしましょう。

その際、中央の高台には注意します。左から上がる味方と協力してボムなどで牽制しておきます。

また、このカンモンも右から横を突くことができます。ただ、ヤグラから直接攻撃が届くので、利用する際は注意しておきます。

第三カンモン

マンタヤグラの第三カンモンの止め方

スロープを取られていると突破される可能性が高いです。

金網を使ったり左から向かって抑えに行きましょう。その際、なるべく地上に降りないようにします。

理由は、地上に安全な逃げ道がないからです。簡単に追い込まれます。

金網や左高台をキープしてヤグラを止めましょう。

4.まとめ

マンタマリアのヤグラを進める際と止める際の立ち回りやポイントについて解説しました。

イカまとめです。

  • マンタヤグラは、中央高台を取る。
  • 第二カンモン以降は、左広場やスロープを抑えておく。
  • 止める際は、右を中心に止めに入る。
  • 第二カンモン以降は倒されやすいので、冷静に高台をキープする

以上となります。

マンタマリアは攻めに成功すると、かなりカウントを稼ぐことができます。

最初にカウントを取ったら、倒されないように立ち回ることを心がけましょう。

また、人数有利であればヤグラにも乗りましょう。スペシャルが貯まって、より相手にプレッシャーを与えられます。

ご覧いただきありがとうございました。