Ankerのワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P2」の魅力をレビュー

ワイヤレスイヤホンAnkerのsoundcore Life P2をレビューiphone/スマホ用のガジェットレビュー
iphone/スマホ用のガジェットレビュー レビュー

このページでは、Ankerから発売されているワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P2」のレビューをお伝えしています。

「ワイヤレスイヤホンいいのないなぁ」

「Ankerのワイヤレスイヤホンってどうなの」

という人に向けてお届けしています。

1.Soundcore Life P2のスペック

最大稼働時間イヤホン本体は7時間、ケース併用で最大40時間
防水規格IPX7
通信方式Bluetooth5.0
Bluetooth動作範囲10m
充電端子USB Type-C
バッテリー容量55mA ×2(イヤホン)、700mA(充電ケース)
充電時間2時間
対応コーデックAAC / SBC / aptX
音声アシスタント
ドライバーサイズ6mm×2
入力5V 500mA
定格出力7mW@1%THD
周波数応答20Hz-20kHz
電気抵抗16Ω
重量62g(充電ケース含む)

2.Soundcore Life P2の内容物と外観

内容物

Soundcore Life P2の内容物
内容物
  • Soundcore Life P2のイヤホン
  • 充電ケース
  • USBケーブル(USB-A→USB-C)
  • イヤーピース5種類

外観

Soundcore Life P2の充電ケース

Soundcore Life P2の充電ケース
Soundcore Life P2の充電ケースの後ろ

Soundcore Life P2のイヤホン本体

Soundcore Life P2のイヤホン表
Soundcore Life P2のイヤホン裏

3.Soundcore Life P2の特徴

Ankerから発売されているワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P2」にどんな特徴があるか解説していきます。

IPX7による防水機能

IPX7とは、防水と防塵に対応しているということを表しています。

文字を分けると、「IP」「X」「7」となります。

「IP」とは、IEC(国際電気標準会議)が防塵・防水に関する保護規格のことを言います。

「X」は、防塵に対応した試験を受けたことを指しています。

「7」は、防水に対して高い保護を行えることを意味します。

IPX7がどれくらい防水に優れているかというと、一時的に水没していても水圧に耐えることができ、水の侵入を防ぐことができます。

マイクも付いている

Soundcore Life P2」はワイヤレスイヤホンですが、マイク入力も可能です。

メモアプリなどに音声入力したり、電話にも対応することが出来ます。

多機能ボタンでコントロールが可能

Soundcore Life P2のイヤホンについている多機能ボタン

ワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P2」には、多機能ボタンがついています。

左右のイヤホンに、それぞれ一つずつついています。

電話をとったり、電源のOn/Off、音声アシスタントを呼んだりすることが出来ます。

電源のOn/Offは、充電ケースから取り出すかしまうことでも行えます。

多機能ボタンの操作方法

Soundcore Life P2の電源の操作
  • 手動で電源On:右か左のイヤホンのボタンを押す
  • 手動で電源Off:右か左のイヤホンのボタンを3秒間押す
Soundcore Life P2の音楽再生時の操作
  • 次の曲へ:右イヤホンのボタンを2回押す
  • 前の曲へ」左イヤホンのボタンを2回押す
  • 再生や一時停止:右か左のイヤホンのボタンを1回押す
Soundcore Life P2の電話時の操作
  • 着信を拒否する:右か左のイヤホンのボタンを1秒以上押す
  • 電話に出る/切る:右か左のイヤホンのボタンを1回押す
Soundcore Life P2の音声アシスタント操作
  • 音声アシスタントを呼ぶ」左か右のイアホンのボタンを1秒押す

Soundcore Life P2のリセット操作
  • リセット:充電ケースに入れた状態で、左右のイヤホンのボタンを同時に3秒間押す

最大40時間の使用ができる

Soundcore Life P2のイヤホンと充電ケース

Soundcore Life P2は、イヤホン本体では7時間の再生を可能にし、充電ケースを併用することで最大40時間の使用が可能です。

充電ケースにバッテリーが内蔵されているので、USB-Cから給電がない状態でも充電ケースからイヤホンの給電を可能にしています。

充電ケースからイヤホンの給電は、5回半できます。

移動中やモバイルバッテリーを持ち合わせていないときでも、そこまで困ることはないでしょう。

豊富なイヤーピース

Soundcore Life P2のイヤーピース

Soundcore Life P2」には、合計5種類のイヤーピースが付属しています。

イヤーピースのサイズまとめ
  • XS
  • S(イヤホンに装着されています)
  • M
  • L
  • XL

自分にあったイヤーピースを探しやすくなっています。

4.Soundcore Life P2を使ってみた感想

Soundcore Life P2の装着感や音質などをお伝えします。

装着感

装着してい見た感じは、違和感というのはありません。

イヤーピースもサイズが豊富で、好みのものを選べるし、なんといってもイヤホン自体の重さを感じないです。

イヤホン自体の重量は、1個5gと非常に軽いです。

Soundcore Life P2のイヤホン重量

軽いため長時間の使用でも、あまり疲れることはないです。

音質

音質は、低音も高音も目立たず、いいバランスを保っています。

音質にこだわっている人には、物足りないと思います。

オンラインビデオやストリーミングビデオの再生でも音声遅延はありませんでした。

快適に視聴できます。

しかし、ゲームをやる場合は、かなり遅延しているので、向いていません。

リズムゲームは、違和感を覚えるので、有線イヤホンでプレイした方がいいです。

その他

充電する際、充電ケースに入れるのですが、左右はきっちり決まっています。左右が合わない場合は、充電ケースに収まらない仕様になっています。

充電もLEDで確認しやすいです。

ペアリングに関しては、一度ペアリングしてしまえば、取り出すだけで接続されます。

その他のデバイスに接続する場合は、接続していたデバイスと「Soundcore Life P2」の登録を解除するかデバイスのBluetoothを切って、接続したいデバイスと接続する必要があります。

ボタン操作では、反応するまで少し遅延がありますが、正しく反応するのでそこまで違和感を覚えません。

ただ、音楽再生で左イヤホンで操作する場合もあるので、これは片方のイヤホンだけで解決してほしかったと思います。

耳装着している場合だと、右手を左へ向かわせる必要があるので、若干操作に手間がかかります。

作業中なら、なおさら難しい操作になります。

やはり、片方どちらかだけでボタン操作を解決できていると、操作しやすかったかなと思います。

5.Soundcore Life P2のレビューまとめ

Ankerから発売されているワイヤレスイヤホン「Soundcore Life P2」の特徴や使用した感想をお伝えしました。

Soundcore Life P2のレビュー
  • IPX7による防水機能
  • 最大40時間という長時間の使用も可能
  • イヤホン自体はかなり軽い
  • ボタンで再生などのコントロールが可能
  • 一度設定すれば、取り出すだけで接続可能
  • 豊富なイヤーピースで装着の違和感を軽減

ワイヤレスイヤホンとしては、「Soundcore Life P2」は入門編と言えるかもしれません。

値段も、5000円とワイヤレスイヤホンの中では、安い部類です。

有線イヤホンとは違い、コードも絡まることもなく差し込む必要もありません。

接続してしまえば、取り出すだけで音楽を聞くことができます。

ぜひ、Soundcore Life P2を使用してみて、ワイヤレスイヤホンの良さを実感してほしいです。

ご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました