任天堂から発売されたゲームプログラミングで楽にゲームをつくろう

ゲームプログラミングで楽にゲームを作るSwitch
Switchゲームの役立つ情報と攻略

このページでは、Switchで発売されている「ナビ付き!つくってわかる はじめてのゲームプログラミング」で楽にゲームを作る方法を紹介します。

「コントローラー動かしづらい」

「文字入力しづらい」

という方にお伝えします。

カーソルを素早く移動させる

コントローラーのスティックや十字キーでカーソル移動させると、ストレスを感じます。

直感的に移動できないので、もどかしく感じると思います。

スイッチは、タッチパネルを搭載しているのでカーソル移動はストレスなくできますが、画面が汚れたるのと小さくて見づらくなります。

そこで、マウスを使うことをおすすめします。

Switchのゲームではマウスは使用できませんが、このゲームプログラミングではマウスが使えます。

Switchでマウスを使う手順
  1. USB接続ができるマウスをSwitchドックに差し込む
  2. 任天堂のゲームプログラミングソフトを起動させる

Switch LiteはTV出力に対応していないですが、別売りのUSBハブスタンドを使うことでマウスを使用できます。

文字入力を速くする

ゲームのタイトルやこのゲームの遊び方を説明する際に、文字を入力します。

コントローラーやタッチパネルでも文字入力できますが、カーソル移動が遅かったり、画面の汚れが気になることがあります。

PCで文字入力に慣れている人なら、キーボードを使用することをおすすめします。

コントローラーやタッチより速く入力できます。

Switch Liteではマウスの所で紹介したように、別売りのUSBハブスタンドがあればキーボード入力ができます。

ちなみにキーボードでできるのは、文字の入力のみです。例えば、定数ノードンに数字をキーボードで入力することは、できません。

0から作らない

新しくゲームを作ろうとすると、まっさらな状態から作ることになります。

3Dゲームも2Dゲームも何度も作っていると同じ作業をすることになり、つまらなくなります。

また、時間もかかってしまうので、苦労します。

最初の作業が同じ様になるなら、ゲームとして作成してそれをコピーして作っていきましょう。

例えば、3Dゲームであれば、土台と人の操作とカメラをつけるのと落ちた際の判定をつけて、ゲームとして保存します。

それをコピーしてゲームを作成すれば、3Dゲームの最初の作業を省くことができます。

最後に

任天堂から発売されたゲームプログラミングで楽に作業する方法をお伝えしました。

最初は、動かなかったものがだんだんとゲームになっていくと楽しくなっていきます。

その楽しさを続けるための参考になっていたら、幸いです。

ご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました