>>プライムデーセール開始<<

Apex ボセックボウが弱体化された理由を解説します。

ボセックボウ弱体化の理由Apex
Apex

このページでは、Apexでシーズン9より追加された武器「ボセックボウ」がすぐに弱体化された理由を解説しています。

ボセックボウの強さ

ボセックボウの試し打ち画像

だいたい弱体化が入ってしまう理由は、ある程度の練度で強さが出てしまうからです。

ボセックボウが強い点が何なのかを解説します。

偏差打ちがほぼいらない

どのFPSやTPSでも、偏差打ち、つまり相手の移動先に合わせて打つ事が必要になります。

それ加えて、リコイル制御も必要になるので、実践での経験値が必要となってきます。

しかし、ボセックボウは、エイムが合っていれば当たります。

それだけ弾速が速いです。

参考Apex シーズン9弾速

弾の落ちはというと、ほぼ気にしなくていいレベルです。

このボセックボウのモデルは弓です。

弓と聞くと弾が落ちるイメージがありますが、ボセックボウはほぼ落ちません。

弓の弾落ちは、80mあたりから多少計算して狙う必要が出てきます。

長距離くらいになると落ちを計算して打つことになりますが、Apexはほぼ中距離での打ち合いが多いので、弾落ちを気にしなくていいです。

つまり、ボセックボウは点と点が合えば当たるので、エイムだけで勝利してしまう武器なのです。

ダメージも高い

ボセックボウは、頭に最大123ダメージ入り胴体に最大70ダメージ入ります※。

これは、白アーマーであれば2発から3発で倒すことが可能です。

ウイングマンは胴体撃ちで4発で、さらに距離が離れるほど偏差の必要が出てきます。

偏差なしでこのダメージは、恐ろしいですね。

リロードする必要がない

Apexに登場する銃はマガジンの弾がなくなれば、弾を補充するリロードの作業が必要となります。

しかし、ボセックボウはマガジンがないので、リロードする必要がありません。

バックパックに入っていれば、いつまでも打ち続けることができます。

戦略として、隠れて打ってを繰り返し、相手がボセックボウでなければリロードするため隠れるので、つめて別武器で倒すことができます。

ダメージリソースも高いので、相手の回復アイテムを枯渇させるのにも長けています。

ボセックボウは、恐ろしい武器というのがわかります。

アップデートでどうなったか

ボセックボウでのキルシーン

21年5月12日にアップデートが入りました。

ボセックボウに関するアップデート
  • 最大チャージのダメージが105(ヘッド)と60(胴体)へ変更
  • チャージ時間が0.54から0.56秒
  • デッドアイズテンポがある場合は、0.32から0.38秒
  • 矢のストック数が16から14本へ
  • バックパックのスロット数が48から28本へ

多くの箇所に弱体化が入りました。

弱体化後はどうなのか

ダメージ量や連射性能に弱体化がが入りました。

ダメージに関しては優しくなりましたが、連射性能はまだ強いと思います。

実際、ボセックボウの強さは弾の速さです。

偏差がほぼいらない、そしてダメージが高く連射性能も速いので、まだ強い部類です。

弾のスロットが増えて、バックパックがひっぱくしているように感じますが、

アイテムでスロットを増やせるので、最初の運用はきつそうですが、後半は余裕持って使うことができます。

ウイングマンと似ていて少ない弾数でも、困らずに使えます。

はぁ~、また弓かよという日々は続きそうですね。

最後に

ボセックボウの弱体化理由を解説しました。

偏差のいらないのでかなり強い武器です。

もしかしたら、また弱体化の可能性もあるので、今のうちに楽しんでおきましょう。

ご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました